無形エネルギー共鳴療法

『この療法は誰にも教えないでください!』
多くの有名施術家が口を揃えて言い続けた
謎のベールに包まれる特殊療法

「無形エネルギー共鳴療法」

モデレーションモード、AR(拡張現実)など
今までのエネルギー施術と一線を画する
理論と技術の正体とは!?

この療法を学んだ先生は
なぜ難治症状を次々と改善できるのか!?

"創始者をも超える結果を出せる"
異色のエネルギー施術が遂に公開される!



LINE登録はこちら

TOP

今をときめく有名施術家も、
実は無形エネルギー共鳴療法を
学んでいます。



そして、月商400万円超えの先生が続出していますが、
その確かな結果を生み出している要因が、
他ならぬ無形エネルギー共鳴療法なのです…!

・なぜ無形療法を学ぼうと思ったのか
・実際にどのような症状が改善できたのか
・無形療法の魅力はどこにあるのか

など赤裸々にお話して頂きましたので、
ぜひご覧ください!


無形療法を学んで、まず自分を信じる直感力が養われ、相手の悪いところを調べる診断力(リーディング力)を身に付けることができました。

江上雄治先生

感想を見る

無形療法を学んで、まず自分を信じる直感力が養われ、相手の悪いところを調べる診断力(リーディング力)を身に付けることができました。
これは治療家にとって、本来必要であった感覚を磨くとても大切な要素だと受講して感じています。

また、無形療法の真髄である全体と一つになることを習得できます。
臨床では全体と一つになることで様々な症状にも短時間で対応できるようになりました。

患部にとらわれずに原因の原因まで特定できるので、治療自体がとても楽になりました。
何よりも自分自身が全体と一つになり癒されるので、元気になり体調を崩すことがなくなりました。

そして治療技術だけでなく、全体と一つになることで、外ばかりに気にしていたことがなくなり、自分を好きになる、ありのままを受け入れる、人生そのものがより良いものに変わってきました。

私はエネルギー療法を学んできましたが、もっと習得には鍛錬と時間がかかるものだと思っていました。
しかしこの無形療法を受けたことで、答えはシンプル。
本当に習得は誰にでも早くできます。

そして達人の先生方が言葉では説明できなかった部分である感覚の世界も分かるようになってきます。
もちろん初めてエネルギー療法を学ぶ人たちにとっても、立川先生が丁寧に説明してくださるので、マスターできるようになります。

治療技術の幅はもちろん広がり、治療家にとって必要な要素がしっかりとこのセミナーに詰まっています。
是非セミナーへの参加を心からお薦めします。



立川先生の無形エネルギー療法セミナーを受講することによって治療に対する考え方や世界観が今までとはがらりと違って治療人生において1歩も2歩も3歩も短期間で大きく前進しました。

新関隆先生

感想を見る

以前、かなり高額なエネルギー治療のセミナーを受講しました。
しかしながら、僕自身が未熟なためか、さっぱり結果が出せませんでした。

その後、たくさんの親しい治療家の先生方から「無形エネルギーは絶対に受講した方がいい!」と聴き、「今度こそは!」と思い立ち 無形エネルギー療法セミナーを受講することに・・。
するとすぐに結果が出はじめました。

2カ所も腰椎にヘルニアがある30代の女性は足を引きずり泣きながら「なんとかなりませんか?」と・・。
1回目の施術で、足を引きずらなくても歩けるるようになり3回目の施術で、痛みもしびれもほぼ無くなっていました。

また、40代女性では、交通事故で左股関節後方脱臼骨折、右足首骨折、肋骨骨折。
「よくあの事故で生きていたね」とまわりから言われるくらい、スゴイ事故だったそうです・・。

かなり痛そうに左足のしびれを訴えており、足を引きずるように来院。
1回目の施術で、めっちゃ足が軽い!ビッコを引かなくても歩ける~~!
感激状態でビックリされてました。その後も痛みは全く出ない状態に・・。

さらに40代女性、両膝のジャンパーズニー、足底筋膜炎でやはり歩くのが辛い状態でしたが1回の施術で両膝の痛み、足底筋膜炎の痛み共に、「なにこれ??痛みがほとんど無い・!」と不思議そうにされてました・・。

どの症例もすべて、ほんの少し、数分、頭に指先を触れていただけの治療です。
他にも寝違いやぎっくり腰、下腹部痛、ひじの痛みなどわずかに触れているだけでの無形エネルギー治療でほぼ改善されてます・・。
それよりも患者さんに触れもしない、数秒の診断で原因となっている痛みや疲れ、違和感のある場所を言い当てると「え?なんでわかるの??」と不思議に思われることは当たり前になってきました。

立川先生の無形エネルギー療法セミナーを受講することによって治療に対する考え方や世界観が今までとはがらりと違って治療人生において1歩も2歩も3歩も短期間で大きく前進しました。

「え?無形エネルギーってなんなの??わけわからんけどメッチャ興味あるんだけど・・」
って心の中で少しでも興味が湧いてきたら、僕はぜったいにお勧めします!
いつか一緒に、無形エネルギーの治療に関して飲みながら一緒に熱く語り合いましょう!



正直、すごすぎるのであまりこの技術が使える人が増えて欲しくない、というのが本音です。

石崎多未央先生

感想を見る

私が立川先生のセミナーを受講し始めたときは、とある東洋医学の鍼と、とある整体を習っていましたし、使っていました。

私の理想の治療の考え方として、
「患者さんに余計な刺激を入れない」
「根本治療であり、同じ症状が再発しないどころか違う症状も出にくく、身体に切れが出てきた、ということが分かる」
「習得するのに少し時間が必要(誰でも簡単に、というのは他院がすぐに真似できてしまう)だが、誰でも習得できる」
「毎回の治療で、どんなに鈍感な患者さんでも、ガンでもどんな症状でもその場できちんと健康に近づいた、身体が変化したことが分かる、治せる」
「治療師が楽、体力を使わない」「治療時間は短い」「西洋医学的な観点からきちんと患者さんの身体の状態を説明できる」

・・・というような夢の治療法を探していました。

私の場合、とある東洋医学の鍼、というのは刺さない鍼をメインに使っていたので、立川先生の教えを取り入れるのにほとんど抵抗はありませんでした。
整体はどんどん使わなくなりました。苦労したのは、患者さんの身体のどこにマイナス(自然治癒力がきちんと働いていないところ)があるかがなかなか分からないことでした。

立川先生にご指導頂き、今では「私の身体の中にMRIが搭載されています」と患者さんに言えるくらい、どこにマイナスがあるかが分かります。
望診が出来るようになる、というのは治療家にとって夢のような目標の一つだと思うのですが、それが可能です。

正直、すごすぎるのであまりこの技術が使える人が増えて欲しくない、というのが本音です。



無形療法はエネルギー療法と呼ばれる療法の中でも突出した技術の一つだと確信しています。

仲谷健吾先生

感想を見る

私は立川先生、及び無形療法を心から推薦いたします。

無形療法はエネルギー療法と呼ばれる療法の中でも突出した技術の一つだと確信しています。
それは、たった2Step、
① 核心をつく原因の「突き止め」
そして
②ただ「今この瞬間」に存在し、空間と一体になるだけで一瞬で終える治療。

ただそれらは側から見れば治療と呼べるものではない、ただ座って見ているだけ触れているだけ。
それだけで、私のクライアントも先ほどまで這うようにして歩いていた椎間板ヘルニアの方がスタスタ歩いてしまう。

そんなこと信じられるでしょうか。それが起こるのがこの無形療法です。

しかも、使うほどに再現性を感じさせる技術。
また、どんな施術法にも高い親和性を持ち、今使っている施術と無形療法を同時に使えてしまう「扱いやすさ」も気に入っている要因です。
そして、何より創始者の立川先生の人間性に私は心から心酔しております。

もし、あなたが「魔法使い」と呼ばれるような治療家になりたいと思われるなら、学びに入ることをお勧めいたします。


「なかたに鍼灸整骨院」のホームページURL
http://www.shinkyuism.jp/



どんな手技においても、イメージや触れ方が大事だと思いますが無形療法を学び、今まで学んだ知識や感覚がより研ぎ澄まされました。

白井天道先生

感想を見る

私は治療時間7分、8,640円をいただいて、10分の予約枠で治療していますが、無形療法は学んですぐにでも効果がありました。

習った次の日に、股関節大腿骨頭壊死の方で痛みで2ヶ月間歩けなかった方が、無形療法によって一度で歩けるようになる体験をしました。
結果的に大腿骨壊死なので手術にはなりましたが、そのような状態でも痛みがなくなったことに驚きました。

無形療法の「今ここにある」という無の状態で、思考に邪魔をされない空気で治療するだけで、患者さんはどんな治療をしても改善の方向へと向かう気がします。
診断もリーディングにより、手も触れず、話を聞かなくても身体の状態を読み取れるようになったことは今でもすごく役立っています。

どんな手技においても、イメージや触れ方が大事だと思いますが無形療法を学び、今まで学んだ知識や感覚がより研ぎ澄まされました。
エネルギー療法を学んで見たい方はもちろん、鍼灸師や手技療法家の先生は一度学んでみる価値は十分にあると思います。



無形療法は既存の患者さんに「もっと喜んでもらいたい」と思ってる先生にオススメします。

本屋勝海先生

感想を見る

遠隔治療が小児頭痛に効果的

僕が現場でどのように無形療法を使ってるか?

1.施術の最初の2分間で無形療法で施術。頭痛、背骨の歪み、内臓を整える。
2.その後は普段、僕が使ってる技で施術。術後は「背骨が真っ直ぐになってる」と喜ばれます。
3.遠隔は遠方で通院が大変、群発頭痛、小児頭痛の発作時に使っています。

施術料は当院の施術料と同じです。
自宅、出張先、旅行先で発作が出た時に、電話、LINEで話しながら遠隔します。

無形療法は既存の患者さんに「もっと喜んでもらいたい」と思ってる先生にオススメします。
そして、何より無形療法はやってて疲れません。自分へのダメージがないのでとても楽です。



とても尊敬する治療家の先生から「凄いエネルギー療法がある」という話を聞いたのがきっかけでした。

土井亮介先生

感想を見る

私が無形エネルギー共鳴療法を知ったのは、とても尊敬する治療家の先生から「凄いエネルギー療法がある」という話を聞いたのがきっかけでした。

この先生が「凄い」というエネルギー療法っていったいどんなものだろうと期待に胸を膨らませていました。
無形エネルギー共鳴療法を学ぶまでは何かエネルギー療法といっても雲をつかむような感覚でしたが、受講後はエネルギー療法とは何かが明確に理解できました。

そして最も良かったことは、気功やエネルギーなど見えない力を取り扱う治療法で究極の療法に出会えたことです。

椎間板ヘルニアで前屈が少しも曲がらなかった高校球児がその場で全く痛み無く前屈ができるようになったり、腰椎分離症で歩くのも辛く、3か月絶対安静と言われたハンドボール選手がその場でジャンプシュートができるようになったりと即効性と劇的効果にただ驚くばかりでした。

しかし、現在では上記にあげた症例よりもさらに重症な病気や難病にも対応できるエネルギー療法へと進化していっています。
立川先生は人柄も良く、決して偉ぶらず何でも質問に答えてくれる大変尊敬する先生です。

もっと多くの難しい疾患を治したいと考えておられる治療家の先生方はぜひ受講をお勧め致します



特に体の悪いところをスキャンして原因を特定できるので、患者さんと情報が共有できて信頼関係に繋がります。

香月勇一先生

感想を見る

今までもエネルギー療法は使っていましたが、また違ったやり方でとても勉強になるセミナーでした。
特に体の悪いところをスキャンして原因を特定できるので、患者さんと情報が共有できて信頼関係に繋がります。

また、動物も治療でき、僕の場合は脳に腫瘍ができてまともに歩けない犬を写真で遠隔治療したら、走り回るまでに回復しました。
痛みが取れるのも早いし、体も疲れないのでとてもいい治療法だと思います。

講師の立川先生も気さくで、何でも包み隠さず教えてくれますし、福岡からのため結局4回とも立川先生の院に泊めさせてもらいました(笑)

ここで面白いエピソードを一つ。
久しぶりの患者さんで、「肘が痛くて曲げられない!」という状態で来院された方に、院の前の駐車場に車が来た時点で無形療法を開始し、通路を通って中に入るまでの30秒ほど行いました。
すると、入ってくるなり「いや?肘が痛くてたまらないんですよ、ほら、こうするとね、は?あれ?痛くねー、何だろう、さっきまですげー痛かったのに、、、」
こんなこともありました(笑)

治療自体はとてもシンプルですし、セミナー内容、講師の立川先生ともに、僕はこの無形療法を自信を持ってオススメします。



無形エネルギー共鳴療法を学んで一番感じたことは、施術の効果と速さが上がったことと、自分が疲れにくくなったことです。

森脇太一先生

感想を見る

無形エネルギー共鳴療法を学んで一番感じたことは、施術の効果と速さが上がったことと、自分が疲れにくくなったことです。
それだけでなく、今まで私が行ってきたどんな施術とも同時に合わせることができて導入時の変化に対するストレスが全くありませんでした。

ストレッチやマッサージ、頭蓋骨矯正、内臓アプローチ、経絡治療など、あらゆる施術と併用できるうえに、その効果や速さが上がるのでとてもありがたいです。
実際に私は今まで内臓アプローチを主に行っていましたが、無形療法を学んですぐに併用することで効果や速さを上げることができました。

エネルギー療法を本格的に学んでいきたいと考えておられる先生はもちろん、特に御自身の施術の効果を上げたいと思われる先生、施術時間を大幅に短縮していきたいと考えておられる先生にはとても満足していただけるのではないかと思います。

以上のことから私は自信を持って立川先生の無形エネルギー共鳴療法を推薦いたします。



手技を組み合わせるもよし、エネルギー療法への移行に抵抗があれば施術は手技だけでもいいと思います。

藤田雅貴先生

感想を見る

まず臨床への導入時ですが、無形療法の生命線はリーディング(検査)です。
というよりも、リーディングが全てと言ってもいいと思います。
なので、まずは徹底的にリーディングを磨きました。

また、それまで手技だけで施術していた私は、無形療法のような一般的にエネルギー療法と呼ばれるような技術を導入するにあたっても、同じように手技を使い続けました。

しかし、ひとつひとつの、手技の前後に必ず無形療法のリーディングをするようにしました。
手技で期待していた身体の変化が、手技後のリーディングでも把握できるようになるとリーディングに自信がつきますし、無形療法のリーディングで変化があれば、それは、しっかりと骨格や筋肉など体の目に見える変化としても反映されているという経験を重ねることになります。

とにかく、この経験を多く重ねることが大事かと思います。

あとは、施術回数、施術効果の持続、施術効果の速さ、実際の臨床での患者さんの声などを、これまでの手法のときと比較して、それぞれの先生が、それぞれの無形療法を作り上げていけばいいと思います。

手技を組み合わせるもよし、エネルギー療法への移行に抵抗があれば施術は手技だけでもいいと思います。
何も意図的に最初から苦心して変える必要は全くないと思います。

無形なんです。無形療法の極意は、非二元にあり、形にはありませんでした。ここに、僕が無形療法を続ける理由があります。


中国医師免許を獲得された先生から
推薦状を頂きました!

中和鍼灸院・中和整骨院 院長
大阪中和中医研究所 所長
東京NP0法人 気功文化センター副会長
世界中医联合会脉診研究専門委員会 常務理事

傅嵩青(フウ・ソンチン)先生より

▼プロフィールを見る▼


中国南京東南大学医学部84年に卒業、南京市立綜合病院心賍外科に勤務。
90年に来日、関西鍼灸短期大学95年に卒業。

日本の鍼灸師と柔道整復師免許を取得して、1995年に中和鍼灸院、
2002年中和整骨院、中和中医研究院をオープンし、
大阪で東洋医学診療所を運営。

東洋の伝統文化を愛し、古典医学を研究し、
古典的な理論を提唱するために、
脈診を臨床応用と組み合わせて発展に励む。

2012年に、日本統合医療学会認定医師講座講師、
日本医療気功学会評議員に任命され、
世界中医联合会脉診大会で多数論文を発表、

今年6月ドイツ伝統医学脉診大会で論文
《脉診と五運六気を結合して、鍼灸臨床の運用》を発表。

大阪で脉診による診療一筋で23年になり、合計19万人以上の患者を
治療した経験を持つ。

▲プロフィールを閉じる▲

推薦状

私は中国において医師免許と、また日本では鍼灸師と柔整師の免許を持ち、
大阪で脉診による診療一筋で23年になりました。

脉診治療の基本は、患者の形のある脉を診ることで、
形のない歪んだ気を見つける、いわゆる見えないエネルギー“気”を
利用した治療法です。

昨年、昔私のもとに脉診を勉強しに来ました仲谷健吾先生の推薦で、
立川先生のセミナーに参加させていただきました。

立川先生が悟られ、考案された、患者と治療者同時に健康になる
臨床実用方法と理論、特に[Soul](魂)についての説明中に、
記憶も経験も、また無経験のことや、心配することなど全て
治療の邪魔になることを考え、

それらを捨てて、自分を見ず、また自分を忘れることにより、
心の中に空間ができて、エネルギーが充満し、モデレーションモ一ドに偏らない
“中庸”の心を持って、患者と治療者と天地が共に共鳴することができる
という考えに驚きました!

荘子に「虚室生白」という言葉があり、“何もない部屋に光が差し込んで
明るくなる”という意味で、空であるからこそエネルギーが充満するということを
言っています。

老子には、「道常無為、而無不為」という言葉があり、
“道は常に何事もなさないが、それでいて全てを成し遂げている”
という意味であり、何事にも対立しない生き方こそ本来の道であることを
示しています。

孔子は、偏らず、中正であるという「中庸」の思想を説いていますし、
さらに仏教においては、全ての問題の根源は"我執”にあるとしており、
無我の境地を目指します。

また、私は太極拳をしておりますが、太極拳の思想にも“双重”や
“舎己従人”という、自分を捨てて相手に抵抗しない要訣があります。

これら、儒釈道武医の5つは、「心」で通じておりまして、
無心であることが大切であると説いてます。

私は、立川先生の悟られた、空になれば癒しのエネルギーが出てくる
という考え方が、歴代の聖人の思想と通じていることにとても感銘を受け、
この講座が真に価値あるものと強く推薦したいと思います。



いかがでしょうか…
先生の期待がさらに高まったと思います。

DVD本編ではその期待をさらに上回るくらい、
濃厚なセミナーが展開されていますので、
引き続きページをご覧ください!

講師紹介

たちかわ治療院 院長
立川 龍男
Tatsuo Tachikawa

1964年生まれ
大学卒業後、社会人として会社勤めを経験
その後、柔道整復師免許取得・鍼灸師免許取得。

資格取得後平成8年10月1日に開業

エネルギー医学こそ新しい時代の治療だと直感し、
平成17年からエネルギー治療に専念し現在にいたる。

近年は無形療法の考え方や手法を伝えるべくセミナーを
行い手技療法家や医療従事者から絶大な評価を得ている。

「私の施術は日々進化し、さらなる技術向上を目指しております」



※無形エネルギー共鳴療法(無形療法)


scroll

無形エネルギー共鳴療法
そのルーツに迫る…

もっと詳しく

無形エネルギー共鳴療法の創始者である立川先生ですが、
最初からエネルギー施術を行っていた訳ではありません。

元々は柔道整復やテーピングといった、
いわゆる「身体に触る施術」を行われていましたが、
ある時テーピングを行っていた立川先生は、

例えば、テーピングを貼る時の角度によって
術者である自分自身が気持ち良く、または気持ち悪くなる
ということに気が付きました。

その"快""不快"の感覚をさらに追求した結果、
施術中に"快"の感覚を得た時は患者さんにも効果がよく現れて、

反対に"不快"の感覚を得た時は効果が出なかったり、
患者さんも不快になってしまうことがはっきり分かったそうです。

この経験がきっかけとなり、立川先生は目に見えないエネルギーが
施術に影響していることを理解されました。

その後、立川先生はさらに理解を深めようと、
様々なエネルギー施術を習いに行ったそうですが、
期待した成果は得られなかったため、

最終的に自分自身の知識と経験をもとに、
"快""不快"の感覚とエネルギーの関連性を独自に研究した結果、
無形エネルギー共鳴療法が誕生することとなりました。

ヘルニア・癌・アルツハイマーなど
難治症状にも対応できる
驚異のエネルギー施術

~無形エネルギー共鳴療法~

無形エネルギー共鳴療法を簡単に説明すると…

無形療法の仕組みを分かりやすく説明しますと、

空間に存在するエネルギーを使って、
患者さんに"良いエネルギー"を注入するとともに、


患者さんの中にある"悪いエネルギー"を放出することで、
症状の改善に繋げるというものです。


筋骨格系だけではなく脳や内臓まで改善!
さらには…


無形療法で改善できる症状は多岐にわたり、
椎間板ヘルニア・腰椎分離症・ジャンパーズニーなど、
筋骨格系の症状は当然のこと、

群発頭痛・アルツハイマー病といった脳の疾患
癌・糖尿病のような内臓に関わる疾患まで、
改善に導くことができます。

さらに、無形療法は人間以外にも効果があり、
ペットとしてよく飼われている犬や猫に対しても、
治療効果があることが実証されています。

"無形"と"共鳴" その言葉の意味とは?

"無形"は目に見えない「空間」をイメージしたもので、
その空間に存在する「無形エネルギー」を
無形療法では使うことになります。

また、"共鳴"「命」に共鳴するという意味を表し、
命に共鳴することで術者も患者さんも「快感」を得て、
お互いが元気になれるというものです。

本編では講義やワークを通して、
「無形エネルギー」のあり方や施術での使い方、
「命」に共鳴する感覚を学んで頂けます。

空間のエネルギーとはそもそも何なのか?

無形療法で使うエネルギーですが、
術者から発生しているものではなく、
空間に存在する天の気と、地球の中心からの地の気です。


つまり、術者自身がエネルギーを発するような、
特別な能力は全く必要ありませんし、
エネルギーを出そうと力む必要もありません。

後述しますが、無形療法における術者は、
むしろエネルギーを素直に受け入れられるよう、
"ふわっと"した感じになることが必要だということです。

無形療法+他種テクニック
=改善効果が大幅アップ!!

もっと詳しく

無形療法における重要なポイントは、
"他の手技と併用して使うことができる"という点です。

もちろん無形療法のテクニックだけでも、
症状を改善させることは可能ですが、

今まで先生が使ってきた整体、マッサージ、鍼灸など
あらゆる手技に無形療法をプラスすることで、その手技の効果がさらに増加します。


効果が増すことで症状が消えるまでの時間が短くなりますので、
より症状が改善しやすくなります。

つまり無形療法を学ぶことは、先生の施術全体の効果向上にも繋がりますので、
今まで使ってきた手技を手放す必要は全く無いのです。

「今使っている手技はそのまま使ってください」
と、立川先生も繰り返し言われています。

ですので、無形療法の効果を把握するという意味でも、
いきなり無形療法だけ使って施術するより、
今までの手技も併用しながら使うことが推奨されています。

「命」に共鳴するために
知っておくべき4つの概念

もっと詳しく

無形療法の理論や技術を学ぶ前に、
まず知って頂きたい4つの概念があります。




人はSOUL、BODY、SPIRITの3つそれぞれ、
どの立ち位置でもMATRIX(価値観)を得ることができますが、
無形療法で「命」と共鳴する上で必要となるのは「SPIRIT」です。

無形療法に必要なエネルギーを使うためには、余計なMATRIXを捨てた上で
自分が記憶でも肉体でもない存在、いわば地球や空間と一体化するような
感覚を得る必要があります。

逆に「SOUL」に捉われている人は患者さんを施術する際に
術者自身の経験や記憶がもとになり、

『これは難しい患者さんだな』
『こんな症状は改善させたことが無い』
というような心配や不安が起こった上で、

『自分の力で改善させなければならない』
という風に考えてしまいますので、空間のエネルギーを使う無形療法では
「SOUL」は最も邪魔なMATRIXです。

無形療法を取り入れるためには、
この"SOULとしての自分"を無視することが必要不可欠になります。

また「BODY」に捉われていると、

『肉体以外の部分がなぜ力になるのか』
という風にSPIRIT自体を否定することになるため、
この「BODY」のMATRIXも捨てなければなりません。

しかし、記憶としても肉体としても理解できない
「SPIRIT」のMATRIXを得るためには一体どうすればいいのか…

その"SPIRITとしての自分"になるための方法が、
次でご紹介する「モデレーションモード」です。

無形療法を使う準備態勢

脳・心臓・小腸を緩める
「モデレーションモード」

「モデレーションモード」とは、
地球や空間と一つになるような感覚を得た状態のことで、
分かりやすく表現すれば無形療法を使うためのモード(態勢)です。

モデレーションモードになるためには
脳・心臓・小腸を意識して、

ふわっと緩める

ということが必要だと立川先生は言われています。

脳や丹田に意識を向けることはエネルギー施術にはよくあることですが、
心臓や小腸、胸腺にまでアプローチするのは無形療法ならではの方法です。

モデレーションモードになることで先生自身が周りの空間と一つになり、
無形エネルギーを扱うことができます。

このモードになって患者さんに近づくだけでもエネルギーが発生していますので、
後ほど紹介する"リーディング"による検査中にも、
患者さんにエネルギー施術を行っていることになります。

つまり、無形療法では検査と改善を"同時"に行うことができるのです。

また、他のテクニックを使いながら、
モデレーションモードに入ることも可能です。

例えば整体をしながらモデレーションモードに入れば、
患者さんは整体を受けている感覚しかありませんが、

実際は無形療法によるエネルギーのやり取りが
行われていますので、より症状が改善しやすくなるのです。

また、術者自身も身体もリラックス状態になっていることに加えて、
個人のエネルギーでなく、全体のエネルギーを使えるようになるので
施術で疲れることが極端に減ります。

モデレーションモードになるためにはどうすれば良いのか、
本編の講義やワークを通じて一から学んで頂けますので、
ぜひ実践して頂きたいと思います。

"リーディング"3秒以内
終わらせるべき理由とは…

セミナー中、立川先生が"リーディング"という
言葉を使っていますが、これが無形療法における検査です。

リーディングとは霊の領域に立つことで、
患者さんの情報が手にとるように分かることです。

患者さんと繋がる、つまり共鳴して感覚を確かめることで、
どの部分が悪いのか検査するというものです。


セミナー中も立川先生が検査について触れていますが、
『リーディングは3秒以内で終わらせて欲しい!』
と強く訴えかけています。

それは、患者さんの身体の不調箇所がある場合、
術者が"不快"の感覚を受けることになります。

この時、何十秒もかけてリーディングを行うと、
術者自身が気持ち悪くなってしまうのです。

例えば…

『ライターの火を肌に当てて
3秒間耐えられますか?
 普通ならパッと身を引きますよね…』

立川先生はこのような話をされていますが、
リーディングのイメージがまさにこの通りだからです。

また早ければ早いほど感覚を掴みやすくなるため、
その点からもリーディングは一瞬で終わらせる必要があります。

「いきなり一瞬で感覚を掴めと
言われても難しい…」

と不安になる先生もいらっしゃるかもしれませんが、
このリーディングの感覚を掴んで頂くため、
セミナーではワーク形式の練習を取り入れています。

中には他で類を見ないワークも行われていますので、
引き続きご覧頂きたいと思います。

おはじき?画用紙?

無形療法に必要な感覚を養う
予想外のワークとは!?

セミナーでは数々のワークを通して、
無形療法に必要な感覚を養う練習を行っています。

こちらはそのワークの場面を撮影したもので、
参加者の先生がおはじきを並べたり、
画用紙に何か書いている様子が写っていると思います。

一見、子供の遊びのように見えてしまいますが、
これも立派なワークの一つです。

例えば、おはじきを使ったワークは、
2つのおはじきの並べ方や位置によって、
"快"か"不快"かを確かめるというものです。


おはじき自体は何の変哲もない道具ですが、
実際ワークに取り組まれた参加者の先生は、
並べ方や位置をあれこれ変えることで、

『この並べ方が気持ちいい』
『この位置は違和感を感じる…』

といった風に感覚の違いを実感されています。

また画用紙を使ったワークでは、
「土」という文字をしっかり書いたものと、
サイン書きのようなラフな文字を書いた上で、

それぞれの文字に手を置いて、
感覚の違いを確かめるというものです。

この時に使った画用紙やペンも普通の道具ですが、
こちらのワークでも参加者の先生は、
それぞれ感覚が異なることに気付かされています。


本編では上記以外にも、
筋肉の反応を確かめるワークや、
リーディングで感覚を確かめるワークなど、


様々なワークに取り組んでいますが、
各ワークにおけるポイントについても、
立川先生に解説して頂いています。




本編をご覧頂きながらワークにも取り組んで頂くことで、
"モデレーションモードの感覚""脳・心臓・小腸を緩める感覚"が、
お分かり頂けることでしょう。

複数の患者さんを同時に改善?

短時間施術にも繋がる
AR(拡張現実)のテクニック

多くの患者さんが来院されて、
ベッドや人手も足らなくなったことはありませんか?


無形療法ではそんな事態にも対応できるよう、
"複数人を同時に改善"させることができる、
とんでもないテクニックが存在します。

それがAR(拡張現実)の概念を用いたテクニックです。

ARとは"Augmented Reality"の略称であり、
「人が知覚する現実環境を機械で拡張する技術」
という意味合いを持っていますが、

かと言ってこのテクニックでは機械を用いる必要はなく、
術者の身一つあれば実践することができます。



ARのテクニックを使うことで、
複数の患者さんを一度にまとめて改善できる上、
検査しながら改善することもできるので、



結果的に短時間施術に繋がり、
1分当たりの単価も上昇させることができます。


本編でもテクニックを実際に披露して頂くとともに、
感覚やテクニックのポイントについて、
丁寧に解説して頂いています。

『頭やお腹が温かくなってきました』
という風にモデルとなった先生も言われていますが、

一体どのようなテクニックなのか…
詳しくは本編をご覧頂きたいと思います!

施術家泣かせの
"スイッチング"
とは?

立川先生がワークの中である先生に対し、
『スイッチング入ってる…』と一言。

"スイッチング"とは、
脳が疲れすぎてエネルギーの流れが逆になっている
という状態のことを表します。

無形療法はエネルギー施術ですので、
エネルギーの流れも把握する必要がありますが、

患者さんにスイッチングが発生していると、
エネルギーの流れを正確に捉えることができないため、
当然ながら検査の精度が狂ってしまいます。

例えば術者が『こっちの方が悪いですね』と指摘したのに、
患者さんが『いや逆ですけど…』と言い返されてしまうと、
もうここで術者と患者さんの信頼関係が崩れてしまいます。

特に初回でこんなことになってしまうと、
その患者さんは二度と来なくなる恐れもあります。

そうならないためにも無形療法を用いる際は、
まず患者さんのスイッチングを除去することが大切です。

セミナーではスイッチングの概要とともに、除去法も披露して頂きましたので、
施術家としての信頼を損なわないためにも、しっかり学んで頂きたいと思います。



そして、このスイッチングに関しまして
スペシャルなプレゼントもご用意しておりますので、
この先は特に集中してご覧頂きたいと思います!

肩・腰・膝を瞬時に改善!

臨床デモから伝わる
無形療法の即効性

もっと詳しく

セミナーでは無形療法の効果を体感して頂くため、
立川先生による臨床デモが行われています。

数名の参加者の先生に対してどんな症状があるか確認した後、
リーディングで素早く検査して状態を把握し、
そのままエネルギー施術を行うという内容ですが、

モデルとなられた先生全員が、

『痛みが少なくなった』
『さっきより楽になった』
『可動域が広くなった』

と改善効果に対する驚きを隠せない様子でした。



その中でもこちらの先生は、
器械体操による外傷で左肩を傷めてしまい、
外旋の動きをすると特に強く痛むとのことですが、


筋肉が傷んでいると見抜いた立川先生が、
無形療法による施術を行ったところ、
あっという間に痛みが消えてしまいました。

無形療法はエネルギー施術ですので、
左肩にはもちろん直接触れてはいません。

それにも関わらず立川先生は
筋骨格系の症状が改善することができたのです。



施術後、施術を受けられた先生が
『痛くないですね…(笑) 』
と、思わず笑ってしまうほどの改善効果が出ていますが、

さらに、この先生は効果を確かめるために、
痛みを引き出そうと思いっきり左腕を振ったりしていますが、
それでも痛みが出ることはありませんでした!

無形療法の驚くべき改善効果にも、
もちろん注目して頂きたいと思いますが、

臨床デモでは施術時のポイントや注意点についても
立川先生に解説して頂いていますので、
じっくりとご覧頂きたいと思います。

患者さんよりも
がビックリしました』


無形療法を取り入れている先生が
このように述べた訳とは…

もっと詳しく

セミナー終了後、立川先生から教えを受け、
実際に施術にも無形療法を導入されている、
夢見整体院院長 新関 隆先生にご登場頂きました。

ページ冒頭のご感想にも掲載していますが、
新関先生も無形療法を導入する前は、エネルギー施術で結果を出せず、
苦心した時期があったとのことです。

しかし、無形療法を学んだ次の日から、
患者さんより自分が驚いてしまうほどの結果を、
次々と出すことができたそうです。

ヘルニアやジャンパーズニーなど難治症状も改善されているとのことですが、
その時の施術内容が"数分間、頭を指先で触れただけ"と言うのですから、
無形療法の即効性と再現性の高さには改めて驚かされます。

新関先生も最初からエネルギー施術を行っていた訳ではありませんし、
無形療法に出会うまではエネルギー施術を上手く扱えなかったそうです。

つまり他の先生と同じように悩み、試行錯誤していたのですが、
無形療法を学んだことで施術への考え方や価値観が一変して、
施術家人生が短期間で大きく前進したと言われています。


以下の動画ではその辺りの話題も含めつつ、
無形療法を実際に使ってみた感覚や所感についても
熱弁して頂きましたので、ぜひご覧ください!



動画の概要を見る

収録時間 
disc1 01:33:27 
disc2 01:00:13 
disc3 00:59:23 
合計 03:33:03



DISC1

・講義
・ワーク<小腸を広げる>
・ワーク<リーディング>
・ワーク<おはじき>
・筋力テスト
・スイッチング解除方法

DISC2

・ワーク<画用紙とマジックペン>
・ワーク<胃の波動を感じる>
・ワーク<Oリングテスト>
・眼球、肺、腎臓、肝臓を感じる
・ワーク<自己施術>

DISC3

・無形エネルギー共鳴療法、臨床デモ
・膝痛編デモ
・外傷による肩痛編デモ
・五十肩編デモ
・膝、腰、首の痛み編デモ
・頚椎、腰椎、膝の痛み 確認検査
・Oリングテスト
・スイッチング解除
・頚椎、腰椎、膝の痛み 確認検査



サンプル動画

DVDをご購入いただいた先生方から
たくさんのご感想をいただきました

感想をもっと見る

確かに他のヒーリングやエネルギー系の話と 同じような内容が多かったと思いますが、 立川先生はDVDのなかでも言われていたように、 マトリックスを壊してくれながらお話して下さるので、 知識としては知っている内容でも体感として 知ることができたように思います。

とくにリーディングを身につけたくて購入しましたが、 何度も立川先生のお話を聞いていけば、自分にも リーディングが出来るようになりそうな気がします。

その他にも、立川先生のお話はためになることばかりで、 とても勉強になりました。ありがとうございました。

兒玉 淳 先生

エネルギー療法に興味があり、これまで、いくつかの療法を習ってみました。

しかし、いまいち期待以上の効果を実感出来ない。

自分のスタイルにしっくりこない等、思うように活用出来ませんでした。

無形エネルギー療法の動画は、先生の人柄も素晴らしく、
自分の好きなタイプの療法でした。

気付きの検査は練習が必要ですが、モデレーションモードと合わせて
日常から始めてみようと思います。

素敵な機会をありがとうございました。

大野 紘一 先生(仮名)

今回のDVDの中では、これまでありそうでなかった 意識すべきポイントが語られていると感じました。
何をどんな風に意識するかで、結果が大きく変化するところが エネルギー療法の特徴だと思いますので、 新しい視点を得られたことで施術のヒントになりました。

山中 修 先生(仮名)

いくつかのエネルギー療法を学ばせて頂きましたが その中でも、特にその理屈がシンプルですぐに自分の施術に落とし込める 内容で大変勉強になりました。

また、色々な症状と内臓との関係性もとても興味深く、 しっかりと参考にさせて頂き、日々の臨床の参考にさせていただきます。

ありがとうございました。

油田 太一 先生(仮名)

今使っている整体の手技を使いながら更に 効果を上げられる手法であることが、とても良かったです。

モデレーションモードになれば自分セルフケアができるのも素晴らしいです。

高橋 雄一 先生(仮名)

一瞬でわかる検査法に驚きでした。

モデレーションモードで悪いところを感じ、空間のエネルギーで 治療できるところが凄いと思った。

治療の時短にもなるから役に立つと思う。

相原 洋 先生(仮名)

「soul」として生きていては、またその感覚を待ったまま治療を おこなってはいけないということが一番響きました。

ここは自分でも何時も引っかかってしまうとこらだったので、 まずここからスタートだと感じました。

田中 泰輔 先生(仮名)

長年 症状を追ってセミナーに通いつめていましたが、 術者の在り方をこんなにシンプルに教えて頂きこれからの人生も 変わると確信いたしました。

ありがとうございます。

阿部 正敏 先生(仮名)

こんなに簡単方法で、こんなに早く改善させる事が出来る事に驚かされました。

浜中 実 先生(仮名)

感想を読む



こんなに簡単方法で、こんなに早く改善させる事が出来る事に驚かされました。

それと、リーディングの速さも凄いですね。

早速、毎日の施術に導入させて頂きます。


無形療法は私的にぴったりはまりDVDを見ただけである程度
使えるようになりました。

合田 清隆 先生(仮名)

感想を読む



レイキを習ったことがありますが、修行が難しくなかなか効果を
感じることが出来ませんでした。

無形療法は私的にぴったりはまりDVDを見ただけである程度
使えるようになりました。


セミナーに参加された先生方から
たくさんのご感想をいただきました

感想をもっと見る


触わる触らないにとらわれずに治療できるので、明日から使えそうです。

栗岡 昭男 先生

感想を読む



エネルギー治療は誰にでも可能である。

清水 武史 先生

感想を読む



無形エネルギー共鳴療法のやり方が良く分り、使える感覚が得られました。

上田 紀章 先生

感想を読む



もっと気軽にエネルギーを用いた施術を出来るんだという実感が出来ました。

菅原 秀之 先生

感想を読む



気やエネルギーは出ているはずなのに効果がない痛みがとれない筋肉のこわばりがとれない理由がわかる気がしました。

M.Y 先生

感想を読む



多くの事が学べて、言葉にできません。

T.M 先生

感想を読む



これからはSPIRIT(霊)を味方につけていきます。

M.S 先生

感想を読む



無心で施術にあたる点において、とても腑におとすことができました。

T.A 先生

感想を読む



自分を意識し過ぎないことで変化が出る。

C.T 先生

感想を読む



命に共鳴するということ。魂がそれをじゃまするということ。

T.H 先生

感想を読む



新しい地平が見えました。

中山 修二 先生(仮)

感想を読む



リーディングの考え方ややり方。問診時に使えそうです。

本田 彰浩 先生(仮)

感想を読む


ここで、
無形エネルギー共鳴療法セミナーDVD
を手に取って頂くことで、先生が得られる
メリットをご紹介致します。

メリットを詳しく見る

  • 数々の有名施術家が使うエネルギー施術を学ぶことができる
  • 再現性の高いエネルギー施術を学ぶことができる
  • 短時間で効果を出せるエネルギー施術を学ぶことができる
  • 先生の施術の効果を向上させることができる
  • 患者さんの悪いところをすぐ見抜けるようになる
  • 患者さんだけでなく先生自身の調子も改善することができる
  • 脳、内臓、筋骨格などあらゆる分野の難治症状に対応できる
  • 複数人の患者さんを同時に改善させることができる

特典

特典1
セミナーテキストとワークテキストが合体!
特製PDFテキスト(ワークシート2枚付き)
さらに詳しく

本編の補足するセミナーテキストと要点を書き込めるワークテキストを、
合体させた特別仕様のPDFテキストを制作しました。

PDF形式のファイルでお渡し致しますので印刷して使用することはもちろん、
スマホやタブレットからもタッチ操作で気軽に閲覧できます!

また、専用ワークシート(印刷したもの)を2枚お付けしますので、
こちらもぜひご活用して頂きたいと思います!

※PDFファイルをダウンロードして頂くにはインターネット環境が必要となります。

PDFファイルが開けない場合は、
Acrobat Readerをインストールしてください。
Acrobat Readerをインストールする

※詳しくはご購入後のメールでテキストのPDFをお受け取り下さい。

特典2
無形療法で先生自身を改善!
自己治療テクニック
さらに詳しく

特典内容こちらの特典動画では、
無形療法で先生自身を改善させる、
自己治療テクニックを披露して頂きました。

施術に入る前、頭痛や腰痛などといった症状が
出てしまうと先生は困りますよね?

そんな時、無形療法のテクニックを使えば、
すぐに症状を改善させて調子を元通りにすることが可能です。

どのような動きをすれば良いのか、
どこにアプローチすればいいのかなど、
丁寧に解説して頂きましたので、ぜひご活用ください!


※特典2に関しては、商品発送時のメールにて「ご感想投稿フォームのご案内」を
お送り致しますのでそちらをご覧ください。

特典3
いつでもどこでもできる!
モデレーションモードを活性化する呼吸法
さらに詳しく

こちらの特典動画では、無形療法の肝である
モデレーションモードをさらに活性化させる、
「土踏まずを意識する呼吸法」を紹介しています。

この呼吸法を行うことで、脳・心臓・小腸を含めた
全身がリラックスした状態になるため、
モデレーションモードでの施術がより効果的になります。

また、大きな動作や道具を必要としないため、
自宅や施術院など場所を選ばずに実施できますし、

施術前のちょっとした時間にもできるので、
モデレーションモードの感覚を事前に掴んでから、
施術に臨むことも可能です。

いつでもどこでもできる便利な手法ですので、
ぜひご活用頂ければと思います!

※特典3に関しては、商品発送時のメールにて
動画がご覧頂けるホームページアドレスをご連絡致します。

特典4
先生と患者さん共に推奨!
エネルギー施術のための"気づきモード"
さらに詳しく

こちらの特典動画では"気づきモード"について
解説して頂いています。

人は普段何か考えていることがほとんどで、
言わば"思考モード"の状態で生活しています。

思考モード中は大脳が活性化していますが、
その状態が続くと身体が緊張して疲れたり、
精神的疾患を誘発する恐れがあります。

そんな思考モードの反対となるものが
気づきモードです。

無形療法を含むエネルギー施術を扱う場合、
思考モードを止めて気づきモードに
なることが大切だと立川先生は言われています。

また、この気づきモードは術者の先生だけでなく、
患者さんにもおすすめして欲しいとのことです。

なぜ、気づきモードが重要なのか…
なぜ、患者さんにも推奨しているのか…

その答えはぜひ動画でご確認ください!!

※特典4に関しては、商品発送時のメールにて
動画がご覧頂けるホームページアドレスをご連絡致します。

特典5
感覚を養うワーク用
おはじき(2個)プレゼント!
さらに詳しく

上記でも先にご紹介していますが、
本編では"おはじき"を使ったワークをご覧頂けます。

しかし、実際に先生がワークに取り組みたいと思っても、
お手元におはじきが無いとちょっと困りますよね?

そこで、教材が届いたらすぐにワークに取り組めるよう、
おはじき2個を特典としてプレゼント致しますので、
ぜひご活用ください!

選べる!
オンライン特典
オンライン動画視聴サービス
さらに詳しく

今回のDVDセットには、通常の「DVDセット」とは別に、
WEB上で動画をご覧頂ける「オンライン動画視聴サービス」が付いた
「DVD+オンライン動画視聴サービスセット」をご用意させて頂きました。

パソコンからの視聴はもちろんの事、タブレットやスマートフォンなどで再生可能なので、
たとえば、先生の治療院のスタッフさんと、施術の合間などに動画を一緒にご覧頂き、
その内容をすぐにシェアして頂く事なども可能です。

※ただし、こちらの「DVD+オンライン動画視聴サービスセット」には、
62日間返金保証はお付けできかねますので、予めご了承お願い致します。


※オンライン動画視聴にはIDとパスワードが必要になります。

お申し込み後の自動返信メールに動画視聴ページのURL、
ID(お申し込み時のメールアドレス)、パスワードが記載されておりますので
お申し込み後、すぐに動画をご覧いただけます。

スペシャル特典

【臨床動画】
エネルギーの流れをコントロール!
"スイッチング"の見分け方&解除法

もっと詳しく

今回は上記の特典に加え、さらにスペシャル特典として
"スイッチング"をより詳しく学んで頂くための臨床動画

「"スイッチング"の見分け方&解除法」
をプレゼント致します!


先に説明している通りスイッチングとは、
患者さんのエネルギーの流れが"逆"になっていることを指し、
検査や治療にも悪影響を及ぼす非常に厄介なものです。

本編でもスイッチングの概要を学ぶことができますが、
スイッチングの見分け方や解除する手法についても、
学びたいという先生がいらっしゃるかと思います。

そんな先生方のご期待に沿えるよう、立川先生にご相談したところ、
今回のスペシャル特典動画をお届けできることになりました。


動画では実際にスイッチングが発生しているモデルに対し、
スイッチングの有無を確認するための手法や、
スイッチングを解除する手法を披露して頂きました。

一通りの手法を施した後、再度エネルギーの流れを確認していますが、
正常な状態に改善している様子までご覧頂けます。

また、スイッチングに対処する上でのポイントに関しても、
丁寧に解説して頂きましたので、本編と合わせてご覧頂き、
施術の精度向上に役立てて頂きたいと思います!



※スペシャル特典動画はWEB動画になります。
商品発送時のメールにて動画がご覧頂ける
ホームページアドレスをご連絡致します。

今回のセット内容

各特典の詳細はコチラ

本編DVD

特典1
セミナーテキストと
ワークテキストが合体!
特製PDFテキスト
(ワークシート2枚付き)

特典2
無形療法で先生自身を改善!
自己治療テクニック


特典3
いつでもどこでもできる!
モデレーションモードを
活性化する呼吸法

特典4
先生と患者さん共に推奨!
エネルギー施術のための
"気づきモード"

特典5
感覚を養うワーク用
おはじき(2個)プレゼント!


オンライン特典
オンライン動画視聴サービス

スペシャル特典
【臨床動画】
エネルギーの流れをコントロール!
"スイッチング"の見分け方&解除法

創始者を超える結果も続出?

エネルギー施術ができなかった先生も
無形療法を使って
結果を出しています!

もっと詳しく

ここまで無形エネルギー共鳴療法の素晴らしさについて
お伝えしてきましたが、もう一度まとめると

・施術後すぐに改善効果を出せる
・先生の施術の効果を大きく向上する
・脳、内臓、筋骨格と様々な症状を改善できる
・検査と改善を同時に行うことができる
・術者自身が健康になることができる


など、まさに多くの先生が求めるであろう要素が、
たくさん詰め込まれているテクニックです。



既にページでもご紹介している通りですが、
無形用法を学ぶことで筋骨格系だけではなく、
脳や内臓に関わる症状まで幅広く対応することができます。


先生が幅広い症状を改善できるということは、
それだけ多くの患者さんを助けられるということであり、
施術家としてはこれ以上ないメリットを得ることに他なりません。

また、無形療法でエネルギーと共鳴することにより、
患者さんだけでなく先生の身体の調子も整って健康になれるため、
先生が施術家として長く活躍できるということにも繋がります。

さらに、過去に無形療法を学ばれた先生も言われていますが、
他のエネルギー施術は難しい、できないという先生も、
この無形療法を学んだことで良い結果を出されています。




中には師である立川先生以上の結果を出している先生も存在し、
これについては立川先生もセミナーの中で触れており、

『私が対応できなかった症状まで改善させる教え子もいます!』

とまで言われています。

このように無形療法は単に再現性の高いテクニックという訳ではなく、
創始者である立川先生を超えられる再現性を持った
今までにない特徴を持つエネルギー施術なのです。


立川先生に言わせればこれは当然のことであり、

『私が教えた人数だけその先生方が結果を残すから
 私よりも多くの症例の結果を出して当たり前なのです』


ということなのです。



これから無形療法を学ばれる先生は、整体、マッサージ、鍼灸など
多種多様なテクニックを使われていると思いますが、

無形療法を学ばれる先生の数、組み合わせるテクニックの数だけ、
患者さんを改善させる可能性は広がると言っても過言ではないのです。

『誰にも教えないでください』
皆が秘密にしたがる
テクニックを入手できます!

もっと詳しく

何度も述べている通り無形療法は、

『この療法は誰にも教えないでください!』

と数々の有名施術家の先生が秘密にしたがるくらい、
結果が出てしまうかなりの再現性をもったテクニックです。


ですが、そんな声が響く中で立川先生は、

『多くの患者さんを助けているテクニックなのに、
 これを広めないのは罪ではないのか…
 そして、施術家の先生のためにも普及すべきではないか…』


とお考えになられた結果、今回の教材が発売されるに至りました。

ですので、患者さんと施術家の先生の力になりたいという、
立川先生の尊いお気持ちを受けて、このDVDはご覧頂くだけで無形療法が
取得できるように作成させて頂きました!

そして、気になる金額ですが立川先生はこの無形療法を編み出すまで、
多数のセミナーでエネルギーのことを学ばれており、
その過程で投資した金額も相当なものです。

時間的にも金銭的にも苦労を重ねて完成したテクニックであり、
なお且つ多くの有名施術家が絶賛しているテクニックでもあるので、
無形療法の価値も相応に高いものとなっています。


しかし、弊社としてはこの素晴らしいテクニックを
一人でも多くの先生に知って頂きたいと思いますので、
価格の方もギリギリまで頑張ることにしました。

弊社で検討を重ねた結果、

特別価格 49,800円(税別)という超破格でご提供致します!!

日本全国送料、代引き手数料、全て無料、62日間全額返金保証付
特別価格 49,800円 (税別)
FAXで注文の方はこちら!!
scroll
分割払いをご利用頂けます

24回払いの場合
月々約2075


その他分割払い例

18回払いの場合
月々約2766
10回払いの場合
月々約4980

6回払いの場合
月々約8300
3回払いの場合
月々約16600


※上記の金額に分割手数料が加わります。
※手数料は各カード会社ごとに異なります。
 ご利用のカード会社にお問い合わせください。
※分割払いはクレジットのみご利用頂けます。
 代金引換の場合はご利用頂けませんのでご了承ください。


62DAYS
全額返金保証
内容にご満足頂けない場合は、ご購入後62日間以内であれば、全額返金
もちろん、返送代金・振込手数料・事務手数料も全て当方が負担します!

もっと詳しく見る

「保証があるわけじゃないのに、教材に高いお金は使えない」
「もし試して上手くいかなかったら…という気持ちが拭いきれない」
「新しい施術を提供したいけど、どうしても不安がある」

こうした不安は当然の事です。

しかし、先生は今、こうした不安を抱きながらも、
前に進まれようとしているのではないでしょうか?

私たちは、そういった先生のお気持ちこそ大切にしたいと考えております。
という訳で、先生の抱かれている不安を少しでも解消する意味を込めて、
期間は62日間と限定しておりますが「完全返金保証」をお付けしたいと思います。

教材の内容、実践した結果に、万が一不満を抱かれた場合、
教材のお買い上げ日から62日間の以内であれば、理由を問わず、ご返金させて頂きます。

もちろん、お支払い頂いた金額全てをご返金致します。
返送代金、振り込み手数料、事務手数料はすべて当社が負担致します。

なお、買った教材を観ずに、62日間も放りっぱなしにするケースは、
ほとんどないかと考えます。

つまり、教材を購入するにあたり、先生のリスクは“ほぼゼロ”なのです。

この保証に込められた想いは、先生が踏みでそうとされる一歩を、
少しでも私たちが支援できれば、という点に尽きます。

限りなくノーリスクの教材、是非ともご検討ください!

※ただし、「DVD+オンライン動画視聴サービスセット」をご注文の場合は、
 62日間返金保証はお付けできかねますので、予めご了承お願い致します。



Q&A
-よくあるご質問-

Q&Aを見る

Q, エネルギー施術の初心者ですが、DVDを観てわかる内容でしょうか?

A, はい、大丈夫です。

本編での講義はもちろんのこと、実技編やワークでも
無形エネルギー共鳴療法の理論や方法など詳細を公開しています。

また、わかりにくいところなどはテロップ(字幕)などでも
補足させて頂いていますので大丈夫です。

Q, 他の手技と併用できますか?

A, はい、もちろんできます。

今回のセミナーDVDの中で立川先生は、
無形エネルギー共鳴療法は先生の施術全体を
パワーアップさせることができる言われています。

ですから、無形エネルギー共鳴療法を学んだ後でも、
現在先生が使っている手技はそのまま使って頂いても構いませんし、
先生の施術自体の効果向上も期待できるでしょう。

Q, 効果はあるのでしょうか?

A, はい、セミナーでも効果は実証されています。

本編では、参加された先生方が無形エネルギー共鳴療法の
効果を実際に体感している様子が収録されておりますので、
それをご覧頂ければ効果に納得して頂けるでしょう。

Q, DVDを購入したいのですが分割払いはできますか?

A, クレジットカードでご購入の場合は可能です。

お持ちになっているカード会社にお問い合わせください。

Q, オンライン動画付きを購入した場合、いつからオンライン動画を視聴することができますか?

A, 商品購入後、すぐご覧頂けます。

お申し込み後の自動返信メールに動画視聴ページのURL、
ID(お申し込み時のメールアドレス)、パスワードが記載されておりますので
お申し込み後、すぐに動画をご覧いただけます。

<オンライン動画視聴の流れ>

購入完了(クレジット決済・代金引換共通)

注文確定メール

注文確定メール内
■動画視聴用URL(ページアドレス)
■動画視聴用ID(お申し込み時のメールアドレス)
■動画視聴用パスワード(購入者様専用パスワード)

※パスワードにつきまして、
大文字・小文字・数字など正しく記入が必要になりますので
コピー→ペースト(貼り付け)を推奨しています。

Q, 62日間完全返金保証がついていますが、内容に満足しなかったら本当に返金してくれますか?

A, もちろんご返金させて頂きます。

しかし、最初から返金目的でこのDVDをお求めになるのならば、ご購入をお控えくださいませ。
このDVDは、講師である立川先生をはじめ様々な人間が真剣に取り組んで
制作したものです。

ですから、内容をみただけで実践して頂けない先生には、ご購入をお断りさせて
頂いていますが、内容を実践して結果が出ないような場合などは、
62日間の間でしたら喜んでご返金はさせて頂きます。

Q, インターネットの申し込みが不安なのですが…。

A, もし、先生がネットでのお買い物に不安を感じておられるならばご安心ください。

先生のパソコンとサーバ間のネット通信は特別なSSL暗号通信により暗号化されますので、
ご記入頂く内容は全て安全に送信されます。ご安心くださいませ。

立川 龍男先生からの
メッセージ


無形療法は"普通"の人でもできます。
なぜなら、私も"普通"ですから…。



無形療法は基本的に学んだ次の日から
施術に導入できるくらいですので、
そう難しいものではありませんが、

すぐに使うことができなかった、
感覚を掴めなかったからと言って、
悲観する必要は全くありません。

私自身、目に見えないものが見えたり、
奇跡的なパワーを持っているなど、
特別な能力がある訳でもありません。

要するに全然"普通"の素質なのですが、
それでも経験を積むことによって、

患者さんのどの部分が悪いのか、
悪い部分はどこに関連しているのか、
といったことが、徐々に分かるようになりました。

私が今まで教えてきた先生方も同様に、
すぐには使えなかったという方も、
経験を積めば使いこなせるようになっています。

シンプルに"快"と"不快"の感覚を追求する

これを心がけておけば、
どんな先生でもエネルギーを使えると思いますし、
"命"と共鳴することができるでしょう。


【重要事項】
ー DVD、動画、音源等の著作権につきまして ー


当社が提供するDVD、動画、音声データ並びに付属するテキスト、
資料等は全て知的財産として著作権法によって保護されております。

それらに関する権利は、株式会社カイロベーシックに帰属し、
ご購入されたご本人に限って利用することが出来ます。

「友人、知人のやりとりも含め」複製、改変、転載、頒布、
転売(特に「オークション等への出品」)、出版、翻訳、
展示、公衆送信、口述、譲渡、貸与など、著作権法その他
法律に触れる行為は一切ご遠慮ください。

万一、そのような行為が弊社の方で確認された場合には、
事前の警告なく、刑事告訴及び「商品代金の30倍」に
相当する損害賠償請求等、然るべき法的措置を取らせて頂きます。


※これまでも弁護士仲裁のもとで弊社のほうから損害賠償を
請求させていただき支払っていただいた案件がございます。
くれぐれも著作権に触れる行為にはご注意下さいませ。