先生こんにちは!!
PT.OTサポートドットコムです。

このたび理学療法士の先生方に病院内で使えるポール操体テクニックをご紹介させて頂きたいと思います。

このテクニックを考案されたのは理学療法士であり、理学療法士として病院に5年勤務され、その後に
整体院を開業して大成功された加藤 廣直(かとう ひろなお)先生です。


まずは加藤先生のことをお知りにならない先生がいらっしゃるかと思いますので加藤先生のプロフィールを
ご紹介させて頂きます。




1972年 宮城県生まれ

日本福祉大中退後村上整体専門学校にて
カイロプラクティックを学ぶ

その後、理学療法士の国家資格取得し、公立系病院に勤務

2007年病院退職後、同年宮城県大崎市にて
「腰痛専科ひふみ健康院」を開院。現在では
一ヶ月先まで予約が取れない繁盛店になる

短時間、自費施術テクニック教材「理学操体」シリーズは
全国の多くの治療家に驚きと共に多大な影響をあたえる。

出演DVD
2012年 9月 DVD教材「理学操体セミナーDVD」発売
2013年 5月 DVD教材「理学操体セミナーⅡDVD」発売
2013年 11月 DVD教材「理学操体セミナーⅢDVD」発売




加藤先生は理学療法士として病院勤務をしつつ、たくさんの患者さんの身体を改善させてきましたが、
さらに新しい可能性を探すべく、仙台の操体法の大家である今昭宏先生の元で操体法を学び、理学療法
と操体法を融合させ、ポール操体テクニックをつくりました。


このポール操体は、ストレッチポールを使いながら、操体法を組み合わせることで患者さんの身体を
改善させたり、さらには機能を高めることができる手技であり、運動療法にもなります。
現在は整体院にてこのポール操体を使いつつたくさんの患者さんのケアを行っています。


では、ポール操体についてさらに詳しいご紹介をしていきますね!!




今回、ご紹介させて頂いているポール操体ですが、さきほどからご紹介させて頂いておりますが
理学療法士であり、患者さんがあふれるほど来院する整体院を開院している加藤ひろなお先生が
公開するテクニックです。


この加藤先生は手技療法業界で有名な今昭宏先生に師事し、操体法を独自の視点からみつつ
そこから手技療法家が使いやすいように操体法を解説した理学操体を手技療法業界で発表され、

現在、のべ2000人以上の手技療法家の先生方にその理学操体のセミナーDVDを手に
とってもらって操体法をさらに普及させている先生です。


その加藤先生は理学療法の世界にも恩返しがしたいということで、このたび理学療法と相性が良い
ストレッチポールと操体法を組み合わせて、施術でもリハビリでも使えるポール操体を完成させました!




ストレッチポールの効果をご存じの先生は多いかと思いますが、ご存じでない先生にご紹介させて
頂きますと、世界で活躍するトレーナーであり(財)日本コアコンディショニング協会の会長である
岩崎由純先生がプログラムの開発をした棒状のポールを使ったエクササイズツールです。


このストレッチポールは体験した方の98%が体感的な変化を感じるほど圧倒的な効果を示し、
手技療法の現場やスポーツ現場、そしてリハビリ施設で使われているものです。


今回はこのストレッチポールを使いながら、加藤先生が理学療法士として病院で勤務した経験と操体法
をミックスしてポール操体として理学療法士の先生方に公開します。




操体法の中に「原始感覚」という言葉があります。

この原始感覚というものは人間に必ず備わっているものであり、この原始感覚を呼び起こすことで
人間が本来持っている自然治癒も促されるという考え方です。


操体法はその原始感覚を相手から引き出すための手技であり、決してこちらから何かを与えるという手技
ではありません。ですから、そもそも生まれながらにして備わった動きなどを再学習させることが目的である
と言えます。


ストレッチポールも生まれながらにして備わった赤ちゃんの動きなどを土台にしつつ、発育、発達を軸に
してプログラムが組まれているコアコンディショニング協会のプログラムで使われているツールであることを
考えると、数ある手技療法から生まれた操体法の手技と、ストレッチポールの相性は抜群であり、



社会復帰の為の身体の再構築をはかるリハビリテーションの施術などにも効果を抜群に発揮することは
当然のことであり、病院内で結果を残せることは間違いないでしょう。


また、このストレッチポールと操体法をうまくドッキングされたのは、操体法を創始された橋本敬三先生の
愛弟子である今昭宏先生から手ほどきを受けた加藤先生であり、理学療法士として病院で勤務した経験も
あるからこそ「使えるテクニック」まで昇華できたと言えます。




ポールへの乗り方から降り方まで基本的なところ、さらには細かな患者さんへの声かけなどまで
詳細な技術を公開しています。


さらにポール操体でビフォーアフターを患者さんにわかってもらうための独自の検査方法も
加藤先生に公開してもらっていますので、リハビリ室でそのまま使ってもらえます。


もちろんこの検査方法もやり方だけでなく、患者さんに適切に動いてもらうような指導や
コミュニケーション方法までお伝えします。


実際の手技では上肢からのアプローチで身体全体のバランスを整えるテクニックや操体法の中の
圧痛操法というものを応用したテクニックなどなど、手技療法の操体法をアレンジした技術が
このDVDにはたくさん収録されています。

先生はこのDVDをご覧頂くだけで、病院内で操体法の基本、そしてストレッチポールの扱い方、
そしてそれをドッキングさせたポール操体の全てをマスターすることができて、さらにリハビリ室
で結果を出すことができるはずです。

病院の競争が熾烈になってきている昨今、理学療法士も当然ながら増えてきており、個人の技術力を
向上させることは必至になってきている状況です。

その中で他業界で活躍する理学療法士の先生が考案された技術は、病院で働く理学療法士の先生に
とってはとても学びやすいものになっています。



このポール操体を使った加藤先生の臨床現場シーンを収録しました!!

この臨床動画をご覧頂くことによって先生は、どういう風に臨床で導入していけば良いのかということが
手にとるように理解でき、さらには患者さんにどのようにコミュニケーションをしてテクニックを理解して
いってもらうのかということもわかります。


この臨床動画を観るだけでも先生は病院でこのポール操体を使えるようになりますし、
まず最初は完全にマネをするだけでも良いと思います。


今までの理学療法士の先生方に販売されている映像教材は、臨床現場で実際に患者さんに施術している
ところを収録したものは皆無だと思います。

今回はこのポール操体を生の患者さんに施術している臨床映像を収録できました。
今まで映像教材をご覧頂いて物足りなかった先生もこの臨床動画を観て頂くだけでかなりの内容を
受け取って頂けるのではないかと思います。


では、そのポール操体の臨床動画の詳しいご紹介をこれからさせて頂きますね!!





バンザイ検査から左腕が挙上しにくかったのが、ポール操体によって身体の軸をつくったことにより、
一瞬で左腕が挙がってしまう臨床動画です。加藤先生の身体を誘導していく言葉かけにも注目です。
また、ストレッチポールを患者さんがその場で購入するところがとてもリアルです!!





県内でトップクラスのアマチュアのゴルファーの方のポール操体の臨床動画です。
足首の痛みで来院したもののそれはすでに寛解しており、現在はパフォーマンスをあげるために
加藤先生の院に来られているところを収録しました。

ポール操体でも上級編となる動画ですが、狙いはインナーマッスルを整えてパフォーマンスを
向上させる施術方法です。また操体法とストレッチポールの見事なコラボレーションテクニックを
観ることができる臨床動画となっています。





バスケットボールをしている若い男性をポールとバランスボールなども使ってパフォーマンスを向上させる
臨床動画です。この動画は痛みなどを改善することよりもパフォーマンスを最大限に伸ばすトレーニング
といってもよい施術です。

ポールの不安定要素をメリットとして、身体の原始感覚を呼び起こす操体法を組み合わせることで体幹部分
や体の各関節の再構築や再学習を促す方法をしっかり臨床動画で学ぶことができます。

先生のリハビリテーション業務にも今回の臨床動画から応用できるものが必ずあると思います。
是非、先生も病院でご活用して下さい。

では、臨床動画以外でポール操体DVDの本編DVDに収録されている詳細をさらに先生にご紹介させて頂きます。



ポール操体とは
ポール操体がどのような経緯で完成したのか、その成り立ちについて詳しくご説明します。

コアコンディショニングとは
ポール操体の中で使われているストレッチポールは日本コアコンディショニング協会が提唱しているコアコンディショニングのプログラムで使われています。

コアセラピーとは
コアセラピーとはコアコンディショニングから治療効果をさらに追求した治療理論と方法です。ポール操体はこのコアセラピーの一つといってもよいです。

ストレッチポールと操体法
ストレッチポールと操体法の共通点などを説明してポール操体への理解を深めて頂きます。

本人の「体感」を大切に
ストレッチポールと操体法の最重要点として「本人の感覚」があります。「感覚を伴わない動作は単なる運動にすぎない」ということが理解できます。

ポール操体の目的と利点①
ポール操体をすることによって何故、身体が改善するのか!?臨床で使える利点などをここで説明します。

フィードバック機構、フィードフォワード機構
フィードバックは身体に生じた姿勢への変化の応答であり、フィードフォワードは随意運動において運動を開始する前に姿勢の変化を予測し、事前に姿勢制御をすることです。

ポール操体の目的と利点②筋膜連鎖による深層筋への働きかけ
ポール操体は筋膜の連鎖によって筋肉に働きかけることができることを説明します。

ポール操体からの提案
中心を整えることで身体のバランスが整っていくという考えと手足からのアプローチから中心を整えていくという考え方を提案します。

四肢(末梢)からのアプローチの特徴、開放性・閉鎖性運動連鎖
手足からのアプローチから中心を整えていく考え方の理論をここでは説明します。

ポール操体の効果
ポール操体の効果を実際の患者さんからのコメントを抜粋してここではご紹介します。

ポール操体の臨床①
肩が挙がりづらい中年女性のポール操体の臨床アプローチを動画でご紹介します。

ポール操体の臨床②
中年のスポーツウーマンのポール操体の臨床アプローチを動画でご紹介します。

ポール操体の臨床③
運動をしている若い男性のポール操体の臨床アプローチを動画でご紹介します。

院内・施設内への導入
病院内、リハビリ室でどのように導入していくのか、そしてそのメリットはどこにあるのかを説明します。

ポールの選択と補完①
ストレッチポールには様々な種類があり、用途によって選択することがポイントですが加藤先生が臨床で使っているポールなどをご紹介します。

ポールの選択と補完②
実際にどのようにポールを臨床で使っているのかを詳しく説明しながらポールの説明をします。

検査と目標設定
ポール操体での検査方法や目標設定などを説明します。

①問診
ポール操体での患者さんへの問診などを詳しく説明します。

禁忌の確認
ポール操体を実施してはいけない禁忌症状について説明します。

リスクの考慮
ポール操体を実施する上でのリスクマネジメントについて説明します。

立位形態チェック
ポール操体の立位検査法についてここでは詳しく説明します。

動診(立位)
ポール操体の動診の立位検査法についてここでは詳しく説明します。

動診(仰臥位)
ポール操体の動診の仰臥位検査法についてここでは詳しく説明します。

目標設定
ポール操体での目標設定の仕方をどのようにしていくのかをここでは説明します。

ポールの乗り方、降り方、降りた後
ポールの乗り方、降り方などをモデルさんを使って実技で公開します。

ポール上の動診
ポール操体の中で多用するのがポールに乗った時の動診です。この検査方法を上肢と下肢にわけ実技を交えて公開していきます。

上肢からのアプローチ
ポール操体の上肢からのアプローチを実技を交えて詳しく公開していきます。公開するテクニックは肩関節内・外旋操法、第一背側骨間筋の圧痛操法などです。

下肢からのアプローチ
ポール操体の下肢からのアプローチを実技を交えて詳しく公開していきます。公開するテクニックは足関節内返し・外返し操法、股関節綱引き操法。踵突出し操法などです。

頚椎簡易三軸操法
操体法の三軸操法をポールに乗りながら施術していく方法を公開します。ビフォーアフターのやり方なども詳細に実技をしながら説明しています。

頚部からのアプローチ
頚椎三軸操法と肩の挙上、さらに頚部回旋の組み合わせなどをして効果を出す方法を実技を交えて詳しく公開しています。

脊柱の筋(後頭下筋群と椎骨単関節群)
頚部には身体全体に影響を与える筋群がたくさんあることをここでは説明しています。

ポール操体の効果を高める動き方のコツ
ポール操体のテクニック全般に対してどのようにして効果を高めていくのかをここでは詳しく説明しています。


以上がセミナーDVDの内容です。


先生が病院のリハビリ室で存分に使って頂ける内容であり、さらにはリハビリ室以外の訪問ケアなどにも
十分に対応できるポールを使った手技テクニックが満載となっています。


DVDの総収録時間、2時間0分00秒のビックボリュームとなっています。


ただ、実際に文字だけではわかりにくい部分もあるかと思いますので、実際の講義風景や実技は
サンプルムービーをご覧頂ければと思います。



では、どうぞ!!ご覧下さい。





それではここで、先生が手に入れられるメリットをご紹介させていただきます。





DVD専用テキスト


今回のDVD撮影時に使われたパワーポイントテキストをお付けします。
それぞれの項目についてメモができるような仕様になっていますのでDVDを観ながら
リアルセミナーと同じような感覚で学べます。

ページ数14ページ、A4冊子を特典としてつけさせて頂きます。



先生、ここまで読んで頂き有り難うございます。
ここまで読んで頂いたということは今回のポール操体DVDにご興味を持って頂いていると思います。


今回のポール操体DVDは、理学療法士であり、病院勤務も5年された経験を持ち、
さらにそこから操体法を学び、手技療法業界で若手の操体法の旗手といえば名前が必ず挙がる加藤先生に、
理学療法士の先生方専用で病院内で使えるものとしてまとめて頂いたものです。


加藤先生は理学療法士であり、理学療法士の先生が何を欲しているのかをとても熟知され、さらに整体業界
に足を踏み入れて独自の操体法まで創り上げられました。

常々、加藤先生は理学療法士の先生方とともに技術や知識を共有して患者さんの為に何か出来ないだろうか
と考えられています。


その中で今回のポール操体DVDは、理学療法士の先生方と共に歩もうとされる加藤先生の一つの答えとして
出された結果であり、加藤先生が理学療法士として積み上げた知識と病院内で培った経験、さらに整体師として
実際に自費を頂きながら患者さんと接している中でつくり出されたものです。


ですから、先生はこの理学療法と手技療法の操体法から生まれた知識と技術をこのDVDからすぐさま吸収
できることとなり、そして実際に効果も出せるようになるでしょう。

そして病院の中でもきっと一目置かれる存在になることは間違いないと思います。
なぜならばそれは病院側だけでなく、患者さんからも感謝されるはずですから・・・。


しかし、先生・・・考えて頂ければ分かると思いますが、今回のポール操体の技術を構築された加藤先生ですが
この方法を実際の臨床で使えるようにするまではたくさんの試練があったと想像します。

何しろ理学療法士と病院で5年勤務し、そしてその後に手技療法の世界に足を踏み入れ、逆風の中で整体院を
開院し、手技療法の世界で一世を風靡するものをつくった後に、さらに理学療法の世界にもまた何とかして
技術と知識の橋渡しをされようとしています。

ポール操体はそういう中からつくられたものであり、積み上げてきたものですから半端なものではなく、
加藤先生の時間と労力、さらには経済的なものもかなり犠牲にされてきています。


しかしそんなことは先生に関係のないことだとわかっています。加藤先生ご自身が自分でそのような道を選択
したわけですから、先生にそれを全て理解して欲しいなどとは言いません。

ただ、今回のポール操体DVDはそんな加藤先生が積み上げてつくられたものですからきっと先生の
技術向上には役に立つということだけはわかって頂きたいのです。

そしてそのお役に立つポール操体DVDですが、やはり価格というものをつけなければいけません。
というのも、今回のポール操体DVDの製作にあたっては、加藤先生のお時間と労力はもちろんですが、
たくさんの制作スタッフを要しながら製作したものであり費用がかかっております。

もちろんこれも私達の都合になってしまいますが、先生はこのポール操体DVDによってたくさんのメリット
を享受することができます。

痛みを持った患者さんからたくさんの「有り難う」を伝えられることが増えると思います。
パフォーマンスを向上させたい若者からも感謝の言葉が聞けると思います。

そして病院内での地位向上は当たり前として、リハビリテーション室の中でも先生の存在感が増え、
チームとしても良い影響を与えることで全体が活性化することでしょう。


そんなメリットをたくさん受け取れるわけですから、やはりそれは対価の交換として、
それ相応にお値段もおつけさせて頂かなければいけません。

ただし、とてもまじめな理学療法士の先生がいつも学びを得てセミナーに出席し、テキストを購入し、
そしてDVDなどをみて日夜勉強していることも私達は知っています。

そういうことを考慮に入れた上で、先生が今回のポール操体を使ってたくさんの患者さんの身体を改善させて
いくということに願いを込めて、加藤先生とDVDのお値段のご相談をさせて頂いた結果、

今回のポール操体DVD~施術にもリハビリにも使える驚くべき使い方~のDVDを・・・・


特別価格として9,800円(税別)でお譲りさせて頂きます!!



※クレジットカード払いでしたら分割払いもOK
FAXで注文の方はこちら!!
※お申込みフォームは、世界でもトップレベルである「グローバルサイン」社のセキュリティー
システムを利用し、個人情報保護・セキュリティー強化のためSSL暗号化通信を採用しています。
ですから、 お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。




「ご安心ください。」

なんと今回も、62日間完全返金保証をおつけします。


DVDをご覧頂き、万一ご満足頂けなかった場合は、お買い上げ日から62日間の間であれば、
理由を問わずにご返金させて頂きます。


もちろん、お支払い頂いた金額全てをご返金致します。

返送代金、振り込み手数料、事務手数料はすべて当方が負担致します。





先生にはこの完全返金保証制度がありますのでまったくリスクはございません。
これはこの教材に絶対の自信があるからこそできるご案内です。どうぞご安心してお申し込み下さい。



※クレジットカード払いでしたら分割払いもOK














1.このDVDをみたらすぐにリハビリ室で使うことができますか?
はい、使うことができます。しかし、見ただけでは結果は当然ながら出ません。加藤先生がDVDの中で指導されていることを参考に先生ご自身でさらに良い方法を探して頂くともっと良い使い方ができると思います。是非、使って患者さんを喜ばせてあげて下さい。

2.まだ新米の理学療法士ですが内容はわかるでしょうか?
難しい言葉は使っていませんので理解できます。理学療法の現場を長く経験しないと理解できないという内容ではありませんし、理学療法士である加藤先生が講師ですのでご心配には及びません。

3.ストレッチポールはこの教材についていますか?
ストレッチポールはこの教材にはついていません。それぞれお買い求め下さいませ。なおストレッチポールには様々な種類や形がありますが、先生が使いやすい物、そして患者さんに合ったものを選ぶことがポイントです。

4.DVDを購入したいのですが分割払いはできますか?
クレジットカードでご購入の場合は可能です。お持ちになっているカード会社にお問い合せ下さいませ。

5.62日間完全返金保証がついていますが、内容に満足しなかったら本当に返金してくれますか?
もちろんご返金させて頂きます。しかし、最初から返金目的でこのDVDをお求めになるのならば、ご購入をお控え下さいませ。無理にこのDVDを販売する気は全くありません。このDVDに 価値を見いだせると判断した先生にだけ販売させて頂ければと思います。このDVDに収録されているものは、臨床と研究を積み重ねて作り上げてきたものを DVDにしたものです。ですから、内容を見ただけで実践して頂けない先生には、ご購入をお断りさせていただいています。もちろんDVDに収録されている内容を実践して全く効果がでない場合などは62日間の間でしたら喜んでご返金はさせて頂きます。

6.インターネットの申し込みが不安なのですが…。
もし、先生がネットでのお買い物に不安を感じておられるならばご安心下さい。 先生のパソコンとサーバ間のネット通信は特別なSSL暗号通信により、暗号化されますので、ご記入いただく内容は、すべて安全に送信されます。ご安心下さいませ。




私自身、理学療法の世界に足を踏み入れて学校でそして病院でもたくさんの勉強と経験をさせて頂きましたが、 今になってその勉強と経験が整体院の臨床に役立っていることを毎日感じています。

現在は手技療法の世界、そして操体法の大家である今昭宏先生に師事しておりますが、理学療法士としての自分を今でも忘れたことはありませんし、そして理学療法の世界がとても好きです。

その中で整体院の患者さんを施術しながらいったんは手技療法の世界で操体法を広めるべく、操体法を現代の先生方にわかりやすいように、そしてたくさんの先生方の疑問を「埋める」ということを目的にした「理学操体」をつくらせて頂きました。

手技療法の世界ではこの理学操体は受け入れられて、ひとまず私のひとつの目標であった操体法を臨床で幅広く使って頂くという目的は達しましたが、私の原点のひとつである理学療法士の世界にも恩返しをさせて頂きたいと常々考えていました。

さきほども書きましたが、私は理学療法士の自分を忘れたことはありませんし、この理学療法の世界にとても感謝しています。

私がこの理学療法の世界に何かできることはないか・・・
それを毎日問いただした結果、生まれたのが操体法を駆使しながらも理学療法の世界に受け入れられやすいストレッチポールとの併用テクニックです。

先生が一つでもポール操体の中からの技術を患者さんに使って笑顔を増やして頂けるのならば
私としてはこれ以上の喜びはありません。

先生のご活躍が理学療法の世界をさらに広げられると確信しています。
最後までお読み頂き有り難うございました。

 







※クレジットカード払いでしたら分割払いもOK