効果

滝風イオンメディックの除菌効果で期待できること

空気中には私達が目に見えない雑菌が無数に浮遊しています。
また、場所、季節、天候、環境などの変化によって
あらゆるウイルス菌からも身を守らなくてはいけません。

時に免疫力がある成人であっても感染して病気になってしまうほどの威力があります。
ですから、抵抗力の弱い子供や高齢者となりますと積極的に日頃から除菌を心がけることが大切です。

そこで、除菌効果のある『滝風イオンメディック』が
どのような働きをするのか順にご紹介いたします!

空気中に漂うものがどのように体に影響するのか?

健康に害を及ぼす空気中に漂うものは以下の通り、ハウスダストや化学物質など様々です。
それがどのように私達の体に健康被害を与えるのでしょうか。

  • ほこり
  • ダニのフンや死がい
  • 微生物
  • カビ
  • ペットの毛
  • ふけ
  • 花粉
  • アレルゲン物質
  • PM2.5
気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性疾患、花粉症など

 
ご覧の通り、一時だけ室内を綺麗に掃除したとしても
花粉やPM2.5などは外部から侵入しますので、
健康に暮らすためには毎日の心がけが必要となってきます。

「花粉やPM2.5の対策は空気清浄機でバッチリ!」と思われている方が多いですが、

滝風イオンメディックのように
除菌の高レベルな機能は備わっていないものばかりです。

また、加湿機能付きという部分でこまめに掃除をしないとかえって雑菌の元にもなりかねません。
それにフィルター交換も必要なのです。

他社製品との詳しい比較はこちらでご覧頂けます。

インフルエンザウイルス試験

滝風イオンメディック製品メーカーのアップドラフト社へ購入者様より「インフルエンザが家族にうつらなかった」などの多くの声を頂いていることから、実際、一般社団法人北里環境科学センターのもとで滝風イオンメディックの検証を行いました。

付着インフルエンザウイルス不活化試験

「滝風イオンメディック」のウイルス不活効果は、作動後3時間で2.8logの対数減少値を示したことから、ウイルス不活化の働きがあると判定されました。

浮遊インフルエンザウィルスの試験

「滝風イオンメディック」のウイルス不活効果は、作動後15分で2.5logの対数減少値を示したことから、ウイルス除去の働きがあると判定されました。

実験の様子

※本試験で得られた結果は、小空間におけるものであり、実空間におけるウイルス除去の働きと異なります

時間経過によるウイルス感染価の変化

※本試験で得られた結果は、小空間におけるものであり、実空間におけるウイルス除去の働きと異なります

上記の通りですが、グラフをご覧頂くと約6時間でインフルエンザウイルスが検出限界値に達しているのが実証されています。

滝風イオンメディックの除菌効果で期待できることは?

ほこり、ダニのフンや死がい、カビ、微生物、ペットの毛、ふけなどの
空気中に浮遊している雑菌はマイナスイオンとオゾンの働きで除菌される。
花粉がピークに飛散している時でもしっかり吸着させて除去。
喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの
原因となるアレルゲン物質が除去される。
PM2.5などの化学物質にも有効。
インフルエンザウイルスの分解・除去、感染防止。

 
環境の違いや個人により効果に差はありますが、
まだまだ多くの効果が期待されていますので、健康維持や体調を整えるために非常にお役に立ちます!

 

▼お申込みはこちらから▼

Page Link