悩み

タバコの臭いだけ浄化・消臭してもダメな理由

喫煙者が自分でタバコの煙を吸うことを「一次喫煙」

周りの非喫煙者がタバコの煙を吸ってしまうことを
「受動喫煙または二次喫煙」と言うのは有名ですよね。

実はそれ以外にも体に悪影響を及ぼすものがあるのです。

見えない敵、三次喫煙(残留受動喫煙)

タバコの臭い、それは誰しも1度は嗅いだことがあると思います。
あの鼻にくるツンとした臭いが好き、という方もいらっしゃるかと思います。

しかし、その「臭い」に落とし穴があったのです。

三次喫煙とは?

喫煙・煙もない状態において、
過去の喫煙や他所からの煙によって壁や衣類、髪などに染み込み、
そこから発生する有害物質を吸入してしまうことを言います。

「喫煙後、数十分間はエレベーターの使用禁止」とするほど
徹底的な対策をしている地域もあります。

しかし、「三次喫煙」はまだまだ認知度も低く、
あまり対策が取られていないのが現状です。

妊婦さんは特に注意

流産や早産の恐れだけでなく、赤ちゃんの発達への影響も懸念されます。

また、喘息やアレルギー、中耳炎などの他に
乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクまでも上がってしまいます。

先ほども説明しましたが、壁や衣類にも有害物質が付着しているので、
同じ部屋で吸わなければいい、という問題ではないのです。

有害物質と臭いは浄化しきれないの?

市販の消臭剤などは臭いを隠す・誤魔化すには最適ですが、
三次喫煙の根本的な解決にはなりません。

また、ベランダや換気扇の下、空気清浄機の側で吸っても
有害な物質は消えることはありません。

「禁煙」が近道でしょうが、簡単なことではありませんよね。
では、どうすれば良いのか?

強力な殺菌・除菌と脱臭効果で根こそぎ浄化してしまえばいいのです。

タバコの浄化はお任せ、滝風イオンメディック

空気清浄機では有害物質を完全に浄化することはできません。

しかし、世界一のイオン発生量を誇る
滝風イオンメディックは「医療用物質生成器」なので、
タバコの有害物質や臭いを浄化する力があるのです。

『医療用物質生成器』は経済産業省が認定する製造製品表示であり室内環境を改善とされる消臭、殺菌、浄化ができる装置であることから『医療用物質生成器』として認定されるのが妥当と判断され電気用品安全法の区分に該当する商品です。

さらに、滝風イオンメディックの効果は殺菌・除菌、脱臭に留まりません。
実験動画などもありますので、是非ご覧下さい。

Page Link